藤浪またも制球から崩れ伊藤隼は落球 首位に似つかわしくない野球で敗戦

(阪神2-5横浜)
藤浪がまたもピリッとせず、伊藤隼の実質エラーもあり敗戦。
首位とは思えない野球で、3連戦の初戦を落としました。

スポンサーリンク

藤浪またも・・・

制球難、フィールディングミス、ワイルドピッチ、投手にタイムリー。
やってはいけないプレーをブチまけてしまい、6回途中で降板をすることになった藤浪。
崩れた6回は四球こそありませんでしたが、自らカウントを悪くしてしまい配球の幅を狭めてしまったのですから制球難が原因であることは明らかです。
投手の井納に甘いコースの変化球を痛打されたのも、当ててはいけないという思いが働いたからでしょう。
結果的には6回途中2失点とそこそこですが、内容的には「またか」と言った感じです。
6回途中2失点でウンザリしてしまうのは、藤浪に対して期待をし過ぎているのかもしれません。
しかしその器の大きさを見れば、期待をせずにはいられません。

交代機について

今回の藤浪の交代機について早すぎるという意見もありますが、個人的には良いタイミングだったのではないかと思います。
あの回に制球が大きく乱れており、内容が悪かったのは明らか。
リードしていたのならまだしも、それまでノーヒットに抑えられていた井納の調子を見れば1点のビハインドでもキツく2点でギリギリのラインです。
結果的には点を失ったものの、この試合前まで岩崎は防御率が1点台と抜群の安定感を見せていました。
また後にはドリス・マテオ・桑原・高橋などが控えており、救援防御率はリーグダントツの1位。
藤浪の調子とリリーフ陣の質の高さを比較すると後者に傾くのは必然と言えます。
藤浪のプライドを最優先させるなら、続投という選択肢もあったでしょう。
今日藤浪を代えたのは、勝利というチームが何よりも優先させなければいけないものを選択したからだと思います。

伊藤隼が落球

足を痛めている高山に代わり、スタメン出場となった伊藤隼。
しかし風もあったとはいえ満塁で落球をしてしまい、余計なランナーを3人も返すことになりました。
グラブにも当たったように見えたのですが、記録は2ベースヒット。
これでは打ち取りながらも自責点が付いてしまった岩崎が、あまりにも可哀想です。
毎年のように同じようなミスをしてスタメンのチャンスを逃している伊藤隼ですが、これから挽回をして今年こそは違うという所を見せて欲しいと思います。

今日の敗戦は、とても嫌な負け方でした。
それでも終盤は阪神ペースだったので、これを明日に繋げて欲しいと思います。
糸井の久しぶりのマルチヒットや伊藤和の好投は、明るい材料でしょう。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする