3カード連続負け越しで首位陥落 小野は不運なプレーもあり炎上

(阪神2-6横浜)
今日は何としても勝ちたかった試合ですが、交流戦を前に3カード連続の負け越し。
3回表のあのプレーがなければ・・・そう悔やまれる敗戦になりました。

スポンサーリンク

小野は3回6失点

3回表、二死一・二塁。
ロペスの打球は完全に打ち取った当たりでしたが、落ちた場所が悪く糸井と大和が衝突。
タイムリーヒットとなり、その後は小野もずるずると崩れてしまいました。
お見合いではなく積極的に捕りに行ったわけですから仕方ないと言えば仕方ないのですが、小野にとっては何とも不運。
ただ一・二塁のランナーは四球で出しており、運だけで片付けることも出来ません。
次回登板のチャンスがあれば、無駄な四球を与えないよう出来る限り修正をして欲しいと思います。
素晴らしい球もいくつかありましたので、今後の成長には期待が出来そうです。

首位陥落

順位を気にするのは早いとはいえ、やはり首位から落ちたのはいい気分ではありません。
しかも火曜日からは交流戦。
パリーグの勢いに呑まれると貯金などあっという間に失いますので、まずは最初のロッテ戦を勝ち越して欲しいですね。
先週と同じ先発であれば、秋山・能見・メッセの表ローテが登板をすることになります。
今年の秋山が、パリーグを相手にどれほど通用するのか楽しみです。

現在二軍では、藤浪が久保コーチに指導を受けているようです。
手腕に定評のあるコーチだけに期待が膨らみますが、最終的には本人次第。
早く戻ってくるに越したことはありませんが、中途半端な状態になるくらいならじっくりと調整の時間を与えて欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする