能見が防御率2位に躍り出る好投!梅野先制タイムリー! バッテリーの活躍で連勝

(ロッテ0-5阪神)
交流戦初戦を打ち勝った阪神タイガース。
続く2戦目は、締まった野球を見せてくれました。

スポンサーリンク

7回2/3を0封

先発は能見。
今シーズンはほとんどの登板で良い投球をしてくれていますが、登板前までの勝ち星はわずかに1つ。
しかしこの日は早々に3点の援護を貰い、7回2/3をすいすいと投げてくれました。
今年の能見はストレートはそれほど速くありませんが、シュートの配分を増やしており、これが効いているように思います。
この日はコントロールも抜群で、降板するまで安心して試合を見ることが出来ました。
これで防御率はリーグ2位の1.87。
38歳にして、見事にモデルチェンジをしてくれました。

梅野が先制タイムリー

この試合を阪神ペースにしたのは、梅野の先制2点タイムリー。
打率はまだ2割足らずですが、打点はチーム3位の21打点。
鳥谷や高山よりも稼いでいるのですから驚きです。
梅野はよく能見に勝ちを付けたいというコメントをしていますが、この日は見事にそれを実行してみせました。
バッテリーの活躍で、チームは4カードぶりの勝ち越しとなりました。

現在低迷をしているとはいえ、ロッテは何かやって来そうな嫌な相手です。
事実、火曜日の試合も中盤までは冷や汗ものでした。
そのロッテに勝ち越して交流戦をスタートできたのは、大きいのではないでしょうか。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする