糸原先制タイムリー!青柳5回1失点! リリーフ陣がリードを守り2ゲーム差に

(ソフトバンク1-5阪神)
前日に広島との差が3ゲームになり、さらには糸井が負傷交代してしまった阪神タイガース。
今日負けるとズルズル行きかねない所でしたが、糸原や投手陣の活躍で差を2ゲームに戻しました。

スポンサーリンク

糸原が先制タイムリー

四球でランナーを溜め、1死満塁のチャンスを作った2回表の攻撃。
ここで、バッターは糸原。
無得点に終われば何とも嫌な雰囲気になる所でしたが、臆することなく引っ張り痛烈な2点タイムリーを放ちました。
その後は上本のタイムリーで、試合は一気に阪神ペースに。
ルーキーが作った流れで、このゲームをものにすることができました。
ランナーのいない時には四球を選び、ここぞという場面では打って決める。
ルーキーながらにして、仕事人のような雰囲気さえあります。
9回に凡ミスをするなどまだ粗さもありますが、将来的には鳥谷のような選手になることも夢ではありません。

糸原の活躍の一方で、北條に元気がないのが気になります。
昨日、一昨日はスタメンでチャンスを与えられましたが結果を出すことはできませんでした。
二軍に落とさないのは代わりに上げる二遊間の選手がいないのもあるでしょうが、北條に乗り越えて欲しい期待も大きいのでしょう。
壁を乗り越え、鳥谷のコンバートを決断させた輝きを取り戻して欲しいと思います。

投手陣が好投

先発の青柳は5回を1失点。
イニングはそれほど潰せませんでしたが、相手を思えば上出来と言えるでしょう。
前日の岩貞も7回3失点と試合を作りましたし、ローテーションはだいぶ整ってきました。
あとは小野が前回のような投球を続けてくれるか、藤浪が(良い状態で)上がってくるかという所でしょう。
また青柳の後を受けたリリーフ陣は相変わらずの磐石ぶりで、流れを渡さない投球をしてくれました。
桑原の防御率はついに0点台です。

この交流戦、貯金を作れてはいるものの打線の状態はあまりよろしくありません。
今日の試合も5点を取りましたが、安打数は5本に留まっています。
せっかくのDH制なのですから、明日こそは打線の爆発を見たいですね。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする