チームを救ったのはルーキー大山!5番起用に応える先制3ラン

(阪神3-1ヤクルト)
どん底のチームを救ったのは、ルーキーのバットでした。
大山の3ランで連敗ストップです。

スポンサーリンク

5番・大山

不調の選手が多いこともあり、まさかの5番で起用された大山。
その首脳陣の期待に、最高の形で応えました。
プロ初安打となる先制の、そして決勝の3ラン。
弾道はホームランバッターのそれで、二軍でまだ1本しか打っていないとは思えないような当たりでした。
今は消去法という形での5番ですが、将来はそれに相応しい実力でクリーンナップを張ってくれるのではないでしょうか。

打線はいまだ起きず

連敗が止まったのは良かったですが、結局打線は大山の3ラン以外は点を取ることができませんでした。
ルーキーにホームランが出て、他の野手もその勢いに乗ることを期待していたのですが・・・。
正直な所、今年は投手が良いので大型連敗はないだろうと高を括っていました。
実際に連敗中も投手はそこまで打ち込まれてはいないのですが、いくら何でも打線が悪すぎます。
連敗も止まったことですし、そろそろ起きなければいけません。

まさかの8連敗。
しかしそれだけ負けても、貯金はまだ5あります。
新助っ人のジェイソン・ロジャースとも合意したようですし、ここからまた立て直して欲しい所です。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする