岩貞自滅で連勝ストップ 登録抹消に

(巨人6-1阪神)
岩貞が炎上。
打線もほとんど見せ場を作れず、連勝は4で止まりました。

スポンサーリンク

岩貞自滅・・・

岩貞が今シーズン何度も繰り返している、立ち上がりの失点。
そして3回にはこれまでにないほど制球を見出し、この回だけで5四球を与える大乱調。
打者との勝負以前の問題で、4回早々にマウンドを降りることになりました。
続く松田と球児がそれぞれ2回を投げてくれたので勝ちパターンは使わずに済みましたが、6連戦の初戦にこういう試合になってしまったのは大きな痛手です。
2人とも、今日の試合に投げるのは難しいでしょう。

試合後、というか試合中には岩貞の抹消は決まったようで強制帰阪となりました。
軽症のようですが秋山もひとまず抹消、能見も調子を崩しているだけに、先発陣は今シーズン最大のピンチを迎えています。
頑丈で何年も結果を残しているメッセの凄さを改めて認識させられますが、彼ばかりに頼っているようではいけません。
この窮地を救う選手に出てきて欲しいと思いますし、出てこなくてはいけません。

打線の方は何とか最後に完封負けを阻止し、意地を見せることはできました。
打てない日があるのは仕方ありませんが、これを続けないことが重要です。
先発がピンチで打線も打てないとなるとリリーフの負担は増すばかりになるので、それは防いで欲しいですね。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする