2017年シーズンを振り返り!上本博紀の成績 背番号00

CSを勝ち抜くことは出来ませんでしたが、2016年よりも順位を上げた阪神タイガース。
少しずつ成長しているチームの2017年を、選手1人1人にスポットを当てて振り返りたいと思います。
まずはキャリアハイと言える成績を残した、上本博紀から。

成績

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
125 .284 9 38 16 .366 .403 .769

多くの部門で自己最高を記録

2017年の阪神は、前年に元気の無かった中堅が活躍をした年でした。
上本もその代表格の1人。
開幕スタメンを勝ち取り、前半戦は野手のMVPと言ってもいいくらいの大活躍。
バテたのか夏場に数字を落としてしまいましたが、9月には完全復調。
打率・本塁打・打点など多くの部門で自己最高の数字をマークしました。
また課題の守備では危なっかしいプレーもありましたがエラー自体は5つに抑えており、及第点を与えられるレベル。
チームに大いに貢献をしてくれました。

盗塁成功率.941!

今年の上本は17度盗塁を試みており、その内16回に成功をしています。
確率にして実に.941。
ファンからすれば20盗塁30盗塁をという欲もありますが、十分に走塁センスを発揮してくれました。
また打席での粘りも相変わらずで、攻撃面では非常に頼りになる選手です。
2018年もセカンドのレギュラー筆頭候補であることは間違いないでしょう。

2016年はわずか45試合の出場に終わった上本。
そこからよくここまで復活をしてくれました。
この1年で終わらせずに、2018年も元気な姿を見せて欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする