2017年ドラフト指名結果! 弱点をカバーする堅実な指名

年に1度のドラフトが終了しました。
阪神タイガースは投手5人、野手2人を指名。
課題である先発投手や守備面を重点的に補強するドラフトになりました。

スポンサーリンク

指名選手

1位 馬場皐輔 投 仙台大
2位 高橋遥人 投 亜大
3位 熊谷敬宥 内 立大
4位 島田海吏 外 上武大
5位 谷川昌希 投 九州三菱自動車
6位 牧丈一郎 投 啓新高
育1 石井将希 投 上武大

1位 馬場皐輔

2度のクジを外した阪神は、1位指名選手を野手から投手にシフト。
そこで選んだのが、右の本格派である馬場皐輔。
ここでもソフトバンクと被ってしまいましたが、ようやくクジに勝利することができました。
馬場は最速155kmの直球に多彩な変化球、そしてスタミナ面に定評がある即戦力投手。
スケールが大きく、伸びしろも感じさせます。
来年はキャンプから1軍に呼ばれ、そして先発争いをするのは間違いないでしょう。

待望の左腕

若手の左腕が少なくなっていた阪神ですが、今年は2位で高橋遥人を獲得。
大学生ではありますがどちらかというと素材型の様子で、直球の威力にはロマンを感じさせます。
外れ1位という声もあっただけに、2位に残っていたのは大きかったのではないでしょうか。
また久しぶりの育成指名となった石井将希も左腕投手。
阪神は左腕の育成は上手な方と思いますので、一軍の戦力になれるよう鍛えて欲しいですね。

守備を補強

熊谷敬宥は守備の評価が高い遊撃手。
大和の動向を抜きにしても二遊間の層は厚いとは言えません。
バッティングはこれからでしょうが、守備の上手いショートはそれだけでも貴重な存在です。
島田海吏は走守に優れ、バットコントロールや選球眼にも定評のある好選手。
阪神には20代の外野手が多いので大・社の指名は無さそうと予想していたのですが、島田のようなバリバリの「1番・センター」タイプはいないので面白い存在になりそうです。
阪神は全体的に守備力の弱いチームですが、この2人が一軍に定着をすれば補うことができます。

即戦力と将来性

谷川昌希は25歳になる社会人投手。
先発もできそうですが、早くも60試合登板を目標に掲げておりリリーフ志望であることが伺えます。
今シーズンの阪神のリリーフは鉄壁でしたが、個々の登板試合数が多かっただけに何人かに反動が来る可能性もあります。
この選手を獲ったことが、来年のシーズンに効いてくるのかもしれません。
牧丈一郎は将来性豊かな本格的な高校生投手。
望月・才木・浜地と近年の阪神はポテンシャルの高い高校生投手を指名していますが、そこにまた1人加わることになりました。
将来のローテーション候補として、じっくり鍛えて欲しいと思います。

個人的には高校生野手も欲しかったのですが、優先順位や他球団との兼ね合いもありますのでこればかりは仕方ありません。
2017年の指名は全体的に、補強ポイントに合った堅実な指名だと思います。
彼らが阪神でどのような活躍を見せてくれるのか、楽しみにしています。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280