陽川・高山が2ランも 守備ミスが響き敗戦

15日の横浜戦は、8-6で敗戦。
阪神が6点も取ったのは9月初めてのことですが、しかしそれでも勝てず。
またも、守備の乱れから投手が打ち込まれる展開となりました。

スポンサーリンク

守備のミスから8失点

初回はメッセの暴投。
5回は北條の悪送球。
そして、7回は陽川がファールフライを取れず。
いずれも打たれる以前の所でミスをしてしまい、そしてそのことごとく失点に繋がっています。
メッセは7失点ですが、自責は2ですからしっかり守ってさえいれば勝てた試合です。
15日に限らず、今年はこういう試合が多すぎます。

陽川が超特大の一発

2軍で絶好調だった陽川が、復帰後即スタメン。
こうした調子の良い選手を上げてすぐ使うというのは金本監督の、そして今年の阪神の良い部分だと思います。
その期待に応えるように、バックスクリーン右に超特大の一発。
長距離砲としての素質を大きく感じさせる飛距離でした。
守備ミスもありましたが、やはり4打席見たくなるような選手です。
高山も2ラン、原口が2安打、中谷もタイムリーを放っており打つ方に関しては若い選手が結果を残した試合でした。

陽川は2軍で3冠王のチャンスがありましたが、やはりそれよりも1軍で1本でも多くヒットを打ちたいと思っていることでしょう。
あの飛距離を見せられると、残り試合なるべく多く打席に立たせて欲しいと思います。
高山の安打数と打点がどこまで伸びるかも注目ですね。


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする