2017年シーズンを振り返り!藤浪晋太郎の成績 背番号19

2016年は、入団以来初めて10勝に届くことができなかった藤浪。
復活とさらなる進化が期待された2017年でしたが・・・。
コントロールが悪化をしてしまい、あらゆる指標で自己最低を記録するシーズンになりました。

スポンサーリンク

成績

            

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率
11 59 4.12 3 5 0 0 41 6.25

大スランプに

2016年をプチスランプとするならば、2017年は大スランプ。
序盤こそ防御率は良かったものの、その時からどこか危うさが残るような内容でした。
次第にそれは表面化をしていき、5月下旬に二軍落ち。
夏に昇格をするもの結果を残すことができず、防御率も悪化をしていきました。
またフィールディングにもミスが多く、どこか苦しそうに野球をやっている姿が印象的でした。

コントロールが大荒れ

今シーズンの藤浪は、投球回59に対し四球が45で死球が8。
2016年は投球回169に対し四球が70で死球が8だったわけですから、数字で見てもどれだけコントロールが悪化をしていたかがわかります。
特に死球に関しては3倍近いペースになっており、さらにその死球から投球が乱れることも多くありました。
わざとじゃないというのは誰もがわかっていることですが、それでも藤浪の球威でこれだけ死球が多ければ相手が怒るのも無理はないでしょう。
当てても気にするなという声もありますが、そういった図太さは後から簡単に身につくようなものでもない気がします。
また藤浪ほどの球威を持っている投手自体稀なのですから、それで当ててしまった時の気持ちは本人にしかわからないのではないでしょうか。
どういうアプローチをするにしろ、コントロールは改善しなくてはいけません。

CSでは、リリーフで好投した藤浪。
2017年は藤浪にとって落ちに落ちたシーズンとなりましたが、後は上がるだけです。
以前のように楽しそうにマウンドで躍動している姿を、また見せて欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280