2018年シーズンを振り返り!尾仲祐哉の成績 背番号27

2017年オフ、大和がFA権を行使しDeNAに移籍。
人的補償として阪神が選んだのが、ドラ6ルーキーの尾仲祐哉でした。
そんな尾仲の移籍1年目のシーズンを振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP
12 11.2 3.86 0 1 0 0 14 10.80 1.46

一ヶ月0.00をキープ

5月12日の広島戦で阪神での初登板を迎えた尾仲。
満塁の場面でしたが無失点でピンチを乗り切ると、その日以降もしばらくは防御率0.00をキープし続けました。
しかし6月13日の日本ハム戦で炎上し0以外の数字が刻まれると、6月23日の広島戦を最後に降格。
以降、一軍に戻ってくることはありませんでした。
とは言え一ヶ月間貴重な戦力になったことは確かですし、防御率も前年の6.52から良化。
奪三振能力もあり、今後の成長に期待が持てるシーズンでした。

同一チームで初めて2年目のシーズンを迎える尾仲。
環境にも慣れてきた所で、今年はさらに成績を伸ばしてほしいと思います。
同い年かつプロではリリーフになりそうなドラ4ルーキー齋藤の存在も、良い刺激にになるのではないでしょうか。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする