2018年シーズンを振り返り!山崎憲晴の成績 背番号32

2017年オフ、トライアウトを経て阪神に入団をした山崎憲晴。
内野ならどこでも守れるユーティリティー性が特長の選手です。
その移籍1年目のシーズンを振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 得点圏 OPS
32 .222 0 2 0 .263 .278 .200 .541

一塁の守備固めとして出場

オープン戦で5割超の打率を残し、開幕一軍入りを果たした山崎。
出番は主にロサリオの守備固めで、32試合の出場ながら打席数は22に留まりました。
一軍での出場は7月3日の中日戦が最後となり、後半戦は二軍暮らしをしています。
夏場には糸原・北條で二遊間が固定できていたことや、ロサリオの出番が減ったことにより一塁の守備固めの優先度が落ちたことが背景にあったと思われます。
とは言え、トライアウトからの獲得してはまずまずの働きだったのではないでしょうか。

契約更改の場では、年間通して一軍にいることを目標に掲げた山崎。
一軍の試合に出場するようになった陽川・植田の存在や社会人内野手である木浪の獲得などもあり、立場的には2018年よりも厳しくなることが予想されます。
山崎には経験と守備を武器にして、一軍争いをさらに激化させて欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280