2018年シーズンを振り返り!守屋功輝の成績 背番号43

Honda鈴鹿から入団し、4年目のシーズンを終えた守屋功輝。
2018年は、主に二軍でリリーフとして登板。
5年目となる今季は一軍のキャンプに選ばれており、矢野監督からの期待も大きい選手です。

スポンサーリンク

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP
4 4 2/3 11.57 0 0 0 0 2 3.86 2.57

二軍でチーム最多登板

一軍ではわずか4試合の登板となり、結果を残すことが出来なかった守屋。
一方二軍ではチーム最多の39試合に登板し、防御率3.35。
チームの日本一に貢献しました。
40イニングで41奪三振と投球イニング以上の三振を奪い、与四球は9。
前年に続きほぼ二軍暮らしとなったシーズンでしたが、投球内容は確実に良くなっています。

先発と中継ぎの両方をやっていた時期もありましたが、今は中継ぎ一本に絞っていると見て良いでしょう。
開幕一軍が全てではないとは言え、守屋自身は当然そこを目指しているはず。
これからの対外試合でどこまで結果を残せるか、4年間の下積みの成果を発揮して欲しいと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280