2018年シーズンを振り返り!ディエゴ・モレノの成績 背番号48

2017年オフ、ドリスやマテオに何かあった時の備えとして獲得したディエゴ・モレノ。
マテオが登録抹消の際に構想通りに出番がやって来ましたが、一軍に定着をすることは出来ず。
オフに退団となりました。

スポンサーリンク

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP
8 6 2/3 2.70 0 0 0 3 14 8.10 1.65

マテオの穴埋めはならず

一軍では、8試合の登板に終わったモレノ。
少ない登板数ながら防御率は2.70と良いのですが、ランナーは結構許しておりやや安定感に欠ける投球でした。
また二軍では22試合に登板し、防御率7.29。
この数字からも、仮に一軍で投げ続けていても2点台の防御率を保つことは難しかったでしょう。
8月には手術も受けており、この年限りで退団となりました。

モレノ、マテオといった外国人リリーフが退団した阪神。
その代わりにやって来たジョンソンは、どのような活躍を見せるのか。
良い時のマテオくらいやってくれれば、ベテランが多い勝ちパターンの投手の負担もグッと楽になります。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする