2018年シーズンを振り返り!青柳晃洋の成績 背番号50

一軍で通用する球を投げながらも、制球力が課題となっていた青柳晃洋。
しかし2018年はそのコントロールが大きく改善。
一軍登板自体は4試合に留まるも、2019年に希望が持てる年になりました。

スポンサーリンク

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP
4 21 2/3 3.32 1 1 0 0 22 9.14 1.24

コントロール改善

開幕から二軍暮らしが続き、9月にようやく一軍に上がってきた青柳。
そのため登板数は、プロ入り最少の4試合となりました。
しかし福原二軍投手コーチによる「6~8割で投げてみよう」というアドバイスもあって、制球力がアップ。
与四球ペースを大きく減らし、そして前年は64回で10個も与えた死球も0でした。
コントロールが付いた代償として被打率は上がりましたが、今の方が遥かに安定感のある投球をしています。
与四球が減れば球数も減りますし、そしてより長い回を投げられるようになります。
もしかしたら青柳にとって、その後の野球人生が変わるような年だったのかもしれません。

正直な所、年を跨いでせっかく良くなってきたコントロールがリセットされていたらどうしようと少し不安でした。
しかし、キャンプや実戦を見る限りその心配はなさそうです。
これなら、開幕ローテーション入りをする可能性も十分あるでしょう。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする