2018年シーズンを振り返り!小豆畑眞也の成績 背番号52

2012年ドラフト4位、小豆畑眞也。
社会人時代は守備面の評価が高く、即戦力の期待もありました。
しかし入団以降一軍に上がる機会はなく、オフに戦力外通告を言い渡されました。

スポンサーリンク

成績

(二軍成績)

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
28 .200 0 0 0 .250 .267 .517

一軍昇格ならず戦力外通告

6年目のシーズンも、一軍には上がれなかった小豆畑。
また二軍でも若手の長坂がマスクを被る試合が多く、主に途中出場からの28試合しか出番がありませんでした。
捕手は貴重なポジションのため切られにくい傾向がありますが、ドラフト後に戦力外通告。
一軍クラスには梅野・原口・坂本と20代の捕手が多く、またベテラン枠にも岡崎が小宮山がいます。
その間の世代で一軍実績のない小豆畑が戦力外となったのは、やむを得ない所でしょう。
ドラフト時には守備面、特にスローイングの評判が良かったのですが一軍で見ることは叶いませんでした。

引退後は、ファームサブマネジャー兼ブルペン捕手となった小豆畑。
選手ではなくなりましたが、チームの一員であることには変わりありません。
今後は裏方として、チームを支えて欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする