2018年シーズンを振り返り!陽川尚将の成績 背番号55

二軍ではタイトルを獲得するほどの活躍を見せるも、一軍では伸び悩んでいた陽川尚将。
そんな陽川ですが、2018年は自己最多となる75試合に出場。
二軍の帝王から、一軍の戦力に成長しました。

スポンサーリンク

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 得点圏 OPS
75 .252 6 48 5 .311 .412 .354 .723

キャリアハイを記録

開幕は二軍でスタートし、またその二軍でも前年と比べると奮わなかった陽川。
それでもロサリオの不振もあって6月4日に昇格をすると、その日の試合で本塁打を含む2安打4打点と活躍。
その後も打ちまくり、6月の月間打率は.358を記録しました。
しかし7月は.164、8月は.111と失速。
9月に持ち直し、最終的には打率.252で終わっています。
本塁打や打点を含めキャリアハイの成績で、二軍の帝王から脱却するシーズンとなりました。
ただ、まだまだこんなものではないはずです。

オフに受けた手術の影響もあり春季キャンプは二軍となりましたが、3月からは一軍に帯同をしている陽川。
実力的には、もう二軍レベルの選手ではありません。
全ての面で2018年を上回るシーズンにして欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする