2018年シーズンを振り返り!中谷将大の成績 背番号60

2017年、生え抜きでは鳥谷以来の20本塁打を記録した中谷将大。
レギュラー定着が期待された2018年でしたが・・・。
前年を大幅に下回る、わずか5本塁打でシーズンを終えています。

スポンサーリンク

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 得点圏 OPS
77 .230 5 26 0 .287 .342 .274 .629

レギュラー期待も・・・

オープン戦で調子が上がらず、二軍スタートとなった中谷。
その二軍でも2割に満たない打率でしたが、一軍があまりにも貧打だったため打開策として5月下旬に昇格。
サヨナラ打を放つなどするもやはり調子は上がらず、前年より大幅に成績を落としてシーズン終了となりました。
課題の直球を克服することが出来ず、そしてどこか思い切りの良さも鳴りを潜めていたように感じます。
中谷・俊介・高山といったセンター候補が総崩れしたのは、2018年阪神の誤算の1つ。
このポジションで固定できる選手が現れるかどうかが、大きな鍵となります。

今年のオープン戦も、ここまで打率.067となっている中谷。
またも開幕二軍スタートとなるのか、それともここから挽回があるのか。
成長した姿を、見せて欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする