2018年シーズンを振り返り!板山祐太郎の成績 背番号63

ルーキーイヤーに40試合に出場。
しかし翌2017年には、3試合にまで出番を減らした板山祐太郎。
3年目となる2018年は二軍で4番打者を務め、日本一に貢献しました。

スポンサーリンク

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 得点圏 OPS
20 .257 1 3 0 .308 .343 .125 .651

プロ初本塁打を記録

ウエスタンリーグ開幕当初から、4番を任されていた板山。
そんな板山が一軍に呼ばれたのは、5月12日の広島戦。
この試合で板山は大瀬良からプロ初本塁打を記録しました。
しかし一軍定着とはならず、出場試合数は20試合。
打率.257というのはそこまで悪いわけではありませんが、3打席に1度の三振ペースが響いたのかもしれません。

ファーム日本一に貢献

二軍では打率.281 5本塁打 36打点 14盗塁という成績を残した板山。
2017年は二軍でも.202しか打てていませんでしたから、この点は確実に進歩したと言えます。
また守備面でも、捕手以外ならどこでも守れるユーティリティー性を発揮。
その数字以上に、日本一に貢献した選手だと言えるでしょう。

一軍での出番はあまりありませんでしたが、2018年は板山にとって実りのあるシーズンだったのではないでしょうか。
陽川のように、二軍の4番から一軍の戦力になれるかどうか。
4年目となる今年は、今まで以上に結果が求められます。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする