2018年シーズンを振り返り!桑原謙太朗の成績 背番号64

独特の「真っスラ」を武器に、2017年最優秀中継ぎ賞を受賞した桑原謙太郎。
2018年も中継ぎの柱として、62試合に登板。
2年連続でフル回転の活躍を見せました。

スポンサーリンク

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP
62 57 2.68 5 3 0 32 65 10.26 1.09

奪三振率アップ

防御率こそ前年の1.51から落ちましたが、それでも2.68と好数値をマークした桑原。
また奪三振率に関しては前年の8.63から10.26にアップしており、真っスラが打者に慣れられた様子はありません。
与四球が少ないのも特徴で、制球力や安定感を示すK/BBという指標では50イニング以上投げた投手の中ではリーグトップの値を記録しています。
真っスラならストライクゾーンに入っても簡単には打たれないというバッテリーの自信も、そうさせたのではないでしょうか。
2年連続の最優秀中継ぎ投手とはなりませんでしたが、それでも申し分のない働きをしてくれました。

現在、33歳の桑原。
ベテランと言われるような年齢ではありますが、20代の頃に一軍で消耗していなかったぶん体はまだまだ若いのではないでしょうか。
今シーズンも、主力投手としての活躍を期待しています。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする