2018年シーズンを振り返り!藤川俊介の成績 背番号68

課題としていた打撃が大きく伸び、2017年に打率.309を残した俊介。
しかし2018年は再び打撃不振に陥り、前年の数字から激減。
レギュラーのチャンスを逃すことになりました。

スポンサーリンク

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 得点圏 OPS
87 .224 2 21 1 .268 .295 .245 .563

レギュラーを掴めず

20本を打った中谷、新人王経験者の高山、そして3割を打った俊介がセンターを争うと思われた2018年。
しかし蓋を開けてみるとどの選手も躓いてしまい、俊介も前年のような打棒を発揮することが出来ませんでした。
二軍落ちも経験し、打率は.224と309から大幅ダウン。
3人の中でも俊介は、年齢的にレギュラーへのラストチャンスだったのかもしれません。
それが他の選手との争いに負けるというよりも自滅をして逃すことになり、残念です。

キャンプやオープン戦も、ここまでは二軍で過ごしている俊介。
去年はレギュラー候補でしたが、今年は一気に苦しい立場に追い込まれています。
信頼を得るためには、もう一度這い上がり結果を残すしかありません。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする