2018年シーズンを振り返り!島本浩也の成績 背番号69

育成ドラフト出身のサウスポー、島本浩也。
2017年は二軍で好成績でマーク。
飛躍が期待された2018年でしたが、一軍では1試合の登板に留まっています。

スポンサーリンク

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP
1 2 9.00 0 0 0 0 2 9.00 2.00

フォーム変更も結果が出ず

コーチからの勧めもあり、春季キャンプからサイドスローに取り組んでいた島本。
しかしこれがしっくり来なかったのか結果を残すことが出来ず、開幕を前にフォームを元に戻すことになりました。
結局シーズンのほとんどを二軍で過ごすことになり、一軍ではわずか1試合の登板。
一方二軍では、34試合に登板し防御率3.45という成績を残しています。
ファーム日本一に貢献したものの、前年の1.59という防御率からは悪化をすることになりました。
正直フォームを変えずにキャンプに取り組んでいたらもう少しやれたのではというのはありますが、この経験を前向きにプラスとして捉えて欲しいと思います。

今年も春季キャンプを一軍で過ごし、そして去年と違い実戦でも結果を残している島本。
開幕一軍に入ってくる可能性は、かなり高いのではないでしょうか。
今年こそ、飛躍の年にして欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする