2018年シーズンを振り返り!伊藤和雄の成績 背番号92

2011年ドラフト4位、伊藤和雄。
二軍で抜群の成績を記録しながらも、なかなか一軍では結果を残せない選手です。
そんな伊藤和の2018年を振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP
14 21 1/3 5.48 0 1 0 0 25 10.55 1.17

自己最多登板

二軍では守護神として、ウエスタン最多となる20セーブを挙げた伊藤和雄。
防御率1.26、投球イニングを上回る三振数とその内容も完璧です。
その一方で、一軍では自己最多となる14試合に登板。
ただ防御率は5.48と低調で、一軍定着をするまでには至っていません。
二軍では完璧な投球をしているのに、一軍で打たれてしまうのは何故なのか。
奪三振率10.55と一軍でも三振はかなり取れているだけに、単純なレベル差だけではないと思うのですが・・・。

春季キャンプは一軍で過ごし、矢野監督からの期待も高い伊藤和。
ただそのキャンプ中に腰の張りがあったようで、一軍から離脱をすることになったのが悔やまれます。
一日も早く復帰をし、中継ぎ争いに名乗りを上げて欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする