2019年ドラフト指名結果! 将来性に振り切った大胆指名

奇跡の3位滑り込みやDeNAとの死闘を制したものの、CSファイナルで巨人に敗れた阪神タイガース。
日本シリーズにこそ出場出来ませんでしたが、一年闘ってきた矢野阪神の成長を感じられました。
そして2019年ドラフト会議、阪神が指名したのは…。

スポンサーリンク

指名結果

1位 西純矢 投 創志学園

2位 井上広大 外 履正社

3位 及川雅貴 投 横浜高

4位 遠藤成 内 東海大相模

5位 藤田健斗 捕 中京学院大中京高

6位 小川一平 投 東海大九州

育1 小野寺暖 外 大商大

育2 奥山皓太 外 静岡大

奥川恭伸のクジを外し、次に西純矢を指名した阪神。
高校生では佐々木・奥川に次ぐ投手と位置付けられており、そのため外れ一位でも競合すると思われましたがまさかの一本釣り。
将来のエース候補の獲得に成功しました。

さらに阪神は2位で夏の甲子園を沸かせた大砲・井上広大、3位で佐々木・奥川・西と共に「高校四天王」「BIG4」と呼ばれていた左腕の及川雅貴を指名。
及川はスランプもあって最終的にこの順位に落ち着きましたが、アマチュアでは制球難だった左腕・高橋遥人を改善した阪神なら・・・という期待があります。
4位ではスイングスピード156km高校通算45本塁打の遠藤成、5位で4番捕手として中京を引っ張った藤田健斗を指名。
1位から5位までが高校生という阪神らしからぬ指名を実行しました。

6位では大学生投手の小川一平を獲得。
派手な実績こそありませんがフォームのしなやかさとボールの強さを併せ持った右投手。
大学生ではありますが、即戦力というよりも将来性を評価しての指名なのかもしれません。
過去には憧れの対象として藤川球児の名前を挙げたこともあります。

育成では関西六大学リーグMVPを二度獲得した小野寺暖、身体能力抜群の奥山皓太と2人の大学生野手を指名。
小野寺は右打ち、奥山も左で打席に立つこともありましたが右打ちがメイン。
外野は糸井・福留・近本と主力級に左打ちが多く、右打者は数でも質でも劣っている状況です。
まずは支配下登録という壁を超えなければなりませんが、彼らには一日も早く一軍でその姿を見せてくれることを期待しています。

今年の指名だけを見ると偏っているように感じられますが、阪神は近年高校生野手に関しては小幡くらいしか獲得していません。
そのため鳴尾浜の年齢層も二軍としては高く、そのバランスを修正するためにもどこかでこういった指名は必要でした。
だからと言って、これほど将来性に割り振った指名はなかなか決断出来ないもの。
その点に置いて、矢野監督の勇気は大いに評価できると思います。

また即戦力よりも将来性重視の指名を行ったということは、矢野監督はそれだけ現有戦力の成長にも期待しているのでしょう。
今年もレギュラーを獲るまでには至らなかった高山・中谷・北條、4番を外されてしまった大山といった20代中盤のメンバーにはやって貰わなくては困りますし、投手にも結果を出すことが出来なかった若手投手が多くいます。
来年は彼らの活躍で順位をさらに上げ、そして数年後には今年指名した選手と共に強豪チームを作り上げていることを願います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする