2019年シーズンを振り返り!馬場皐輔の成績 背番号18

ルーキーシーズンである2018年は0勝に終わった馬場皐輔。
豊富な変化球を武器に二軍では通用しても、ストレートにキレが足らず一軍では結果を出すことができませんでした。
そして2019年も、その課題は解消することが出来ずにシーズンを終えています。

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP K/BB
2 3.1 10.80 0 0 0 0 4 10.80 2.40 4.00

開幕一軍入りをするも…

リリーフとして、開幕から一軍メンバーに選ばれた馬場。
しかし初登板となる試合で2回を2失点と精彩を欠き、二軍落ち。
6月に再昇格をしましたがまたも打ち込まれてしまい、その後はシーズン終了まで鳴尾浜で過ごすことになりました。
二軍ではチーム最多となる102イニングを投げ、防御率3.17という成績。
この数字を一軍で残せるよう、2020年は飛躍が求められるシーズンとなります。

ここまでの2年間は、大卒ドラフト1位ということを考えると物足りない結果に終わっています。
ただ変化球には確かに良いものがありますし制球も悪くはない選手なので、真っすぐさえ改善されれば一気に伸びても不思議ではありません。
ここからの巻き返しに期待します。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする