2019年シーズンを振り返り!島田海吏の成績 背番号53

「53」を背負い、俊足を武器とする島田海吏。
入団時は、「桐生に勝った男」としても騒がれました。
そのプロ2年目のシーズンを振り返りたいと思います。

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 得点圏 OPS BB/K
7 .250 0 0 0 .400 .500 .900 1.00

打撃力強化が必須

2019年シーズン、島田が一軍に昇格をしたのはシーズンも中盤になる6月6日のこと。
しかし定着をすることは出来ずに、わずか7試合の出場に終わっています。
二軍では89試合に出場し、.242 2本塁打 20打点という成績。
現在阪神のセンターは島田とタイプが似ている近本が定着し、また代走にも植田や江越がいます。
島田が一軍に定着するためには、打撃のレベルアップが必須となります。

課題の打撃と向き合い、ウインターリーグではトップタイとなる3本塁打を記録した島田。
選球眼に関しては近本に勝っており、競争を激しくするような存在になって欲しいと思います。
3月に行われた練習試合では本塁打も放っており、開幕一軍の可能性は十分あるでしょう。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする