2019年シーズンを振り返り!飯田優也の成績 背番号56

中堅サウスポー、飯田優也。
阪神には、2018年シーズン中に交換トレードで入団。
ただ今の所、阪神では能力を発揮できずにいます。

スポンサーリンク

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP K/BB
3 3.1 10.80 1 0 0 0 6 16.20 3.00 1.20

わずか3試合の登板

貴重な左の中継ぎとして、開幕一軍入りをした飯田。
しかし1試合の登板で抹消となると、岩崎や島本の活躍もあってその後も一軍に呼ばれることはほとんどありませんでした。
二軍では42試合に登板し防御率2.79という成績を残したものの、年齢や実績的にも一軍で投げて貰わないと困る選手。
秋季キャンプでは山本昌臨時コーチからスクリューを伝授されており、手ごたえも上々の模様。
また今シーズンは先発として臨むことも決まっており、秋山や藤浪などと開幕ローテーションの座を争っています。

高い奪三振力を有するものの、制球には難があった飯田。
山本昌臨時コーチの教えは、この選手にどのような変化をもたらすでしょうか。
元々ソフトバンクでも当初は先発だっただけに、今回の配置換えが上手くいく可能性は十分あるでしょう。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする