2019年シーズンを振り返り!中谷将大の成績 背番号60

長打力と破綻の無い守備力を併せ持つ中谷将大。
2017年には20本塁打を記録したものの、翌2018年は5本塁打と大きく後退。
そし2019年もレギュラーを掴むことは出来ませんでした。

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 得点圏 OPS BB/K
62 .181 6 19 0 .264 .379 .235 .643 0.32

打率が上がらず中盤に二軍落ち

開幕スタメンこそ逃したものの、一軍スタートとなった中谷。
4月5日の広島戦では勝ち越しの2ランを放ち、アピ―ルをします。
また同18日のヤクルト戦では2打席本塁打を放つなど、4月は4本塁打をマーク。
しかし打率が上がらず、6月に二軍落ちをしました。
終盤に一軍に戻るも状態はあまり変わっておらず、結局62試合の出場に留まることに。
131打席で6本塁打なので単純計算すればフル出場で20本塁打を超えることになりますが、起用され続けるにはいかんせん打率が低すぎます。
レギュラーを獲るには長打力を失わず、確実性も上げることが必要になるでしょう。

サンズ・福留・高山・江越・陽川、さらに今日の練習試合では大山もレフトを守り、激戦が繰り広げられている外野残り1枠の争い。
中谷も二軍で2打席連続本塁打を放っており、その争いに入ってくるのかもしれません。
2017年がキャリアハイで終わらないで欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする