2019年シーズンを振り返り!湯浅京己の成績 背番号65

2018年ドラフト6位、湯浅京己。
独立リーグ時代に、スライダーを武器にプロで活躍した伊藤智仁氏の指導を受けて急成長した選手です。
そのルーキーシーズンを振り返りたいと思います。

成績

(二軍成績)

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ 奪三振 奪三振率 WHIP K/BB
5 19 4.26 1 2 1 6 2.84 1.50 1.21

疲労骨折で離脱

まだ19歳だったということもあって、当面は二軍で育成する方針となった湯浅。
3月下旬に二軍で公式戦デビューをし、セーブを記録。
4月下旬のソフトバンク戦では先発として投げ、初勝利を挙げました。
しかし6月に疲労骨折をしてしまい、その後は登板することがありませんでした。
また秋にも骨折が再発し、受難のルーキーシーズンとなりました。
現在は、実戦で登板できるまでに回復しています。

今年6月4日の復帰登板では、151kmをマークした湯浅。
結果も1回無失点で、順調な再スタートとなりました。
スカウトから高く評価されていた球威と精神力で、ピンチでも押しまくる投手に成長して欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする