2019年シーズンを振り返り!藤川俊介の成績 背番号68

阪神生え抜きで、プロ入り10年のキャリアを持つ藤川俊介。
レギュラーを取ったことはありませんが、それでも毎年コンスタントに一軍出場を続けていた選手です。
しかし2019年は、わずか6試合の出場に留まりました。

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 得点圏 OPS BB/K
6 .000 0 0 0 .000 .000 000 .000 .000

プロ入り以来最低の数字に

近本の活躍などもあり、開幕からしばらく出番の無かった俊介。
ようやく一軍に上がったのは7月になってからのころで、その出番も6試合に留まりました。
これは2016年の41試合を下回る、プロ入り以来最低の出場試合数となります。
二軍では68試合に出場し打率.287を記録するも、下は育成に重きを置かなければならない場所。
俊介の年齢ならば、やはり一軍でプレーをしなくてはなりません。
2017年に垣間見せた打棒を、取り戻して欲しいと思います。

阪神は、昨年ドラフトで3人の右の外野手を指名しています。
二軍にいてもさらに出番が減るだけというのは、俊介自身がよくわかっているでしょう。
限られた出場機会を無駄にすることなく、昇格へのアピールを行う必要があります。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする