2019年シーズンを振り返り!島本浩也の成績 背番号69

2010年に育成ドラフトで入団し、2014年に支配下に昇格した島本浩也。
支配下にはなったものの、一軍に定着できないシーズンが続いていました。
しかし2019年ついに覚醒し、キャリアハイを大幅に更新する活躍を見せました。

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 WHIP K/BB
63 59.1 1.67 4 0 1 11 60 9.10 0.94 4.29

7月以降は自責0!

キャンプ・オープン戦でアピールし、開幕一軍となった島本。
いわゆる勝ちパターンの投手ではなかったため、守屋と共にビハインド時でも積極的に起用されました。
3・4月は月間防御率3.65と、まずまずの滑り出し。
しかし結果的にはこれが最も防御率が悪い月となり、以降は良化の一途を辿りました。
5月は3.12、6月は2.79、そして7月からシーズン終了まではなんと0.00。
それも、チームトップとなる63試合を投げてのこの結果です。
それまでのキャリアハイは23試合に登板して防御率3.65だった2016年だったのですが、これを大幅に更新する形になりました。

オフにクリーニング手術を受けたため、春季キャンプは二軍で過ごしていた島本。
ただ現在はもう試合でも投げており、開幕からそれほど遅れることはなさそうです。
今年は研究もされているでしょうが、そういった状況でどれだけ相手を上回ってくれるか楽しみです。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする