2019年シーズンを振り返り!横山雄哉の成績 背番号115

長年故障に苦しめられており、2018年オフに育成落ちとなった横山雄哉。
ドラフト1位で指名されたように元々の能力は高く、一軍復帰が待ち望まれている存在です。
そんな横山の2019年を振り返ります。

成績

(二軍成績)

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ 奪三振 奪三振率 WHIP K/BB
8 28.1 2.86 1 1 0 17 5.40 1.13 2.13

再起への1歩

手術後のリハビリもあり、ウエスタンが開幕してしばらくは登板することのなかった横山。
そんな横山の初登板となったのは、奇しくも同期の石崎のトレードが発表された7月4日のことでした。
実に425日ぶりの実戦登板となったこの試合で、1回2奪三振無失点の好投を見せました。
その後も計8試合に登板し、防御率は2.86をマーク。
再起への、1歩を踏み出したシーズンになりました。
今年の春季キャンプでは一軍メンバーに選ばれており、首脳陣もまだまだこの横山には期待していることが伺えます。

プロ初登板の巨人戦では、糸を引くようなストレートで7回無失点に抑えた横山。
あのピッチングを、また一軍で見せて欲しいと思います。
現在支配下の枠は2名しか空きがありませんが、貴重な左の先発候補なだけにチャンスはあるでしょう。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする