4本塁打で今季初の5連勝! 待望の貯金「1」

2勝10敗から11勝2敗。
最悪のスタートから、それ以上の振れ幅で白星を積み重ねたタイガース。
今季初の5連勝、そして今季初の貯金「1」です。

ホームラン攻勢で9得点

この日ホームランを打ったのは、サンズ・糸原・大山・北條の4人。
どの選手のホームランも効果的な場面で出ましたが、その中でも特に大きかったのはサンズの一発ではないでしょうか。
初回にホームランで先制されましたが、すぐさまこちらも一発で取り返したことで試合の流れをグッと引き戻しました。
この試合でサンズの打率は.296まで上がり、選球眼が良いので出塁率も4割を超えています。

こうなるとマルテが帰ってきた時に大山・ボーアも合わせた4人をどう起用するのか、悩ましい所です。
ただこうした嬉しい悩みが出ることこそ、当初の構想通りなはず。
日曜の試合では糸井とボーアの代役である福留と陽川が活躍し、そして今日の試合では木浪の代わりに途中出場した北條が活躍しました。
最近はスタメンを外されることもある近本も、少しずつ調子を取り戻しています。
開幕当初のチーム状態が嘘のように、今の阪神には層の厚さが感じられます。

今のところ打線・守備・先発は去年よりも上。
救援陣はさすがに去年ほどではないものの、少しずつ形が整ってきました。
マルテ・高橋遥・島本・守屋・エドワーズと怪我人は決して少なくないのですが、それでもここまで戦えています。

23日には、いよいよ藤浪が今季初登板。
彼がローテーションに加わるような投球をしてくれれば、チーム力はさらに上がります。
その前に、まずは22日も良いゲームを見せて欲しいですね。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする