2020年ドラフト指名結果! 矢野監督の右腕が怪物打者を引き当てる

今日行われた2020年ドラフト会議。
阪神は4球団競合の末、近大・佐藤輝明選手の交渉権を獲得。
育成を含む、9選手を指名しました。

指名結果

1位 佐藤輝明 内 近大

2位 伊藤将司 投 JR東日本

3位 佐藤蓮 投 上武大

4位 榮枝裕貴 捕 立命大

5位 村上頌樹 投 東洋大

6位 中野拓夢 内 三菱自動車岡崎

7位 高寺望夢 内 上田西高

8位 石井大智 投 高知ファイティングドッグス

育1 岩田将貴 投 九産大

早川隆久選手と迷っていそうな所もありましたが、最終的には佐藤輝明選手を選んだ阪神。
やはり複数球団による抽選となりましたが、矢野監督が見事くじを引き当て獲得に成功しました。
今年のドラフト候補の中でも、野手では最も高い評価を得ていた左の大砲。
確実性に課題はありますが、こすったような打球でもスタンドインしてしまうその規格外の長打力には期待せざるを得ません。
阪神ではまず外野を守ることになりそうですが、内野も守れることはチームにとって大きなプラス要素となります。
最初は苦労するかもしれませんが、我慢してでも起用する価値がある選手です。
いずれは大山や井上と共にチームの中核を担って欲しいと思います。

2位で指名したのは伊藤将司選手。
技で打ち取る実践的なサウスポーで、出どころの見えづらいフォームで打者を惑わします。
10月5日に行われたNTT東日本戦では、被安打1の完封。
9回1死までノーヒットに抑える完璧な内容を披露しました。
年齢からしても、1年目から先発ローテーションを争って欲しい選手。
憧れの選手として名前を挙げた能見のような投手になってくれることを期待しています。

3位の佐藤蓮選手は1年生に右ひじの手術歴があり、リーグ戦デビューは4年秋になってからという異色の経歴の持ち主。
188cm102kgという恵まれた体格から、最速155kmのストレートで打者をねじ伏せます。
パワーカーブにフォークも操り、奪三振力はかなりありそう。
怪我による実戦不足というのはありますが、1年目からリリーフで活躍できる可能性を持った選手です。
将来的にはセットアッパーや抑えも任せられるような選手に成長して欲しいと思います。

4位の榮枝裕貴選手は、肩に関してはアマチュアトップレベルの評価を得ている選手。
しかし決して守備専門というわけではなく、打撃でも大学通算で3割を超える率を記録しています。
控えだった期間が長く実績は少ないものの、その実力は高く評価されており上位で名前が消えるという予想もありました。
現在、阪神の一軍捕手は梅野・坂本・原口で固まっています。
そのためまずは二軍で経験を積むことになりそうですが、早くから一軍に上がってきても不思議ではない選手です。

5位の村上頌樹選手は、制球力に優れた先発タイプの投手です。
昨今のドラフト候補としてはストレートの球速はそれほどですが、回転数が多く質の高さがあります。
変化球も多彩で、抜群の安定感を有した実戦派です。
その実績からすれば、2位までに消えていても不思議ではありません。
4年秋に右前腕肉離れを発症しており、これがドラフトの順位も上がらなかった要因と思われます。
万全になれば、先発ローテーションを争ってくれるでしょう。

6位の中野拓夢選手はセカンドも守れる社会人ショート。
チームでは3番も打っている三拍子タイプの選手です。
二遊間の層を厚くするためにも、即戦力ショートはぜひ獲って欲しいポジションでした。
1年目から一軍の控え、場合によってはレギュラー奪取の可能性も十分にあるでしょう。
走攻守で、チームの底上げをして欲しいと思います。

今年唯一高校生からの指名選手となった、高寺望夢選手。
バットコントロールに定評があり、合同練習会では木のバットで5安打と大暴れした選手です。
細身ながら高校通算31本塁打を記録しており、体が出来てくればプロでも中距離打者になれる素質も秘めてそう。
まずは二軍で研鑽することになるでしょうが、将来が楽しみな選手です。
将来的には小幡や遠藤と、ハイレベルな二遊間争いをして欲しいですね。

独立リーグからの指名となったのは、石井大智選手。
昨年もドラフト候補として名前が挙がっていましたが、指名されることはありませんでした。
今年は150kmを超えるストレートやシンカーを武器に、投球回101を上回る129奪三振を記録。
それでいて、与四死球も13しかありません。
四国ILではまさに無双状態だったこの選手がプロではどこまで通用するのか、楽しみです。

育成で指名された岩田将貴選手は、九州産業大学の投手。
すなわち、田中秀太スカウトによる推薦と思われます。
MAX139kmながらも、左のサイドハンドという希少価値がとても高い選手です。
こういった一芸に秀でた選手を育成で指名するのはとても良いですね。
ぜひ支配下を勝ち取り、一軍で活躍して欲しいと思います。

佐藤輝明選手を引き当てながらも矢野監督は100点ではなく「100点に近い」と表現しました。
これはどうやら、狙っていた高校生を獲得できなかったからとのこと。
それもあって、今年は高校生1人と即戦力に偏った指名になりました。
ただ全体で9人もの選手を獲得し、ある程度は若返りも進んだと思います。

今年指名した選手は、とにかくわかりやすい特長を持った選手が多い印象があります。
1位の佐藤輝明選手、そして社会人出身の伊藤将司選手と中野拓夢選手は来年の一軍キャンプに呼ばれる可能性が高いのではないでしょうか。
他にも早い段階で戦力になりそうな選手がいて、チームを活気づけてくれそうです。
果たして佐藤輝明選手は、プロで何本のアーチを描いてくれるのでしょうか。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする