2020年シーズン記録帳 坂本誠志郎の成績 背番号12

2015年ドラフト2位、坂本誠志郎。
アマチュア時代から守備とキャプテンシーは高く評価されています。
一時はレギュラーを争っていましたが、近年は控え捕手としての起用が続いています。

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS 得点圏 三振率
38 .213 0 4 1 .330 .267 .596 .188 21.1%

・三振率は三振数÷打席数で計算しています

秋に出場機会増

開幕第3戦にスタメンマスクを被った坂本。
ただその後はベンチスタートが主となり、二軍落ちも経験しました。
再昇格後も控えとしての出場が続きましたが、9月に梅野が故障離脱したことをキッカケに出場機会が増えました。
その9月は13試合に出場し、月間打率.290をマーク。
梅野は9月末に復帰しましたが、万全ではなかったのでしょう10月以降も坂本は16試合に出場しています。
ただシーズン全体では、38試合の出場に留まっています。

控え捕手は有事に備え、最後までベンチに残されやすいポジションです。
そのため梅野がいる阪神では、坂本の出場機会はどうしても少なくなります。
それでも、限られた出場機会である程度の貢献をしてくれたのではないでしょうか。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする