2020年シーズン記録帳 西勇輝の成績 背番号16

移籍初年度から二桁勝利をマークし、阪神タイガースのエースに君臨した西勇輝。
2年目となる2020年は、さらにその投球が進化。
勝ち星、防御率共に前年を上回る活躍を見せました。

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 与四球率 WHIP
21 147.2 2.26 11 5 0 0 115 7.01 1.71 0.98

前年以上の超安定感!

前年の活躍を受けて、開幕投手に選ばれた西勇。
6回を1失点に抑えさらに菅野からホームランとタイムリーを放つも、勝ち星はつきませんでした。
その後も序盤はなかなか勝ちに恵まれませんでしたが、投球内容は常に安定をしていました。

QS率は7月までは100%で、シーズントータルでも81%を記録。
これは大野や菅野、千賀をも上回る12球団ナンバーワンの数字です。
シーズンが進むに連れ勝ち星のペースも上がっていき、最終的には11勝をマーク。
120試合制にも関わらず前年の10勝を上回り、1人で6つの貯金を作りました。
また本人がこだわっているイニング数でも12球団2位の147.2回を記録し、リリーフ陣の負担を軽減してくれました。
その貢献は絶大です。

移籍初年度から、下の世代を引っ張る姿勢を見せていた西勇。
球児・能見が抜けた2021年は、投手陣のリーダーとしての役割がますます期待されます。
大物外国人の加入や藤浪の先発再挑戦により熾烈を極めるローテ争いですが、開幕オーダーに西勇の名前が刻まれることだけは確実でしょう。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする