2020年シーズン記録帳 藤浪晋太郎の成績 背番号19

プロ入り4年間で42勝を挙げた藤浪晋太郎。
しかしその後はスランプに陥り、2019年は僅か1試合の登板に終わりました。
そんな藤浪の2020年を振り返ります。

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 与四球率 WHIP
24 76.1 4.01 1 6 0 7 85 10.02 4.72 1.45

2年ぶりの勝ち星をマークも…

開幕は二軍でスタートし、昇格は7月23日となった藤浪。
昇格当初は先発として起用されましたが、なかなか勝ちが付きませんでした。
ようやく2年ぶりの勝ち星を挙げたのは、昇格から一ヶ月経った8月21日のこと。
投手にとっては勝ちは何よりも良薬と言いますが、波には乗れず9月14日に登録抹消となりました。
状態自体は前年よりも明らかに良化していましたが、復活にまでは至りませんでした。

リリーフで躍動!自己最速を更新

9月26日に再昇格をした藤浪。
これまでの先発ではなく、コロナ渦で手薄になったリリーフとしての昇格でした。
しかしこれがハマり、リミッターが外れたかのように剛球を連発。
10月19日には自己最速、そして球団最速となる162kmをマークしました。
守護神スアレスとの160kmコンビは他球団の脅威となり、岩崎・岩貞・馬場が抜けたリリーフ陣を見事にカバーしました。
安定感もあり、リリーフとしての防御率は2.35を記録。
これで何かを掴んだのか、先発に復帰した終盤の3試合はいずれも自責0に抑えています。

今春のキャンプでは、どこか自信が漲っている藤浪。
ファンが待ち望んだ姿を、今年は見せてくれそうな期待感があります。
2020年はリリーフとして通用することを証明しましたが、やはりこの選手にはエースになって欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする