2020年シーズン記録帳 糸原健斗の成績 背番号33

出塁能力が魅力の糸原健斗。
2018年、2019年は全試合に出場。
しかし2020年は、怪我とコロナに苦しんだシーズンになりました。

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS 得点圏 三振率
63 .294 3 20 1 .357 .376 .733 .326 13.5%

・三振率は三振数÷打席数で計算しています

キャリアハイペースも2度の離脱

近本の2番構想もあり、開幕は6番でスタートした糸原。
ただそれは最初の2戦だけで、すぐに座り慣れた2番に戻ることになります。
6月は調子が上がりませんでしたが、7月になって状態は急上昇。
月間打率.373をマークし、それに連動してか守備でも良いプレーが増えました。

糸原と言えば高い選球眼を活かした出塁ですが、この時期はホームランも2本放つなど月間OPS.980を記録。
今年はキャリアハイを更新するのでないか…そう思われた矢先、右手有鈎骨を骨折する事態に見舞われます。
9月に復帰をしましたが、ほどなくして今度は新型コロナに感染し登録抹消となりました。
最終的に63試合の出場に留まり、2度の離脱が惜しまれるシーズンになりました。

今年は開幕から2番での起用が予想される糸原。
この選手の出塁が、得点に大きな影響をもたらします。
今年の目標に挙げている「出塁率4割」を、ぜひ達成して欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする