2020年シーズン記録帳 浜地真澄の成績 背番号36

若手右腕、浜地真澄。
高校時代は「九州四天王」と呼ばれ、他の3人(山本由伸・梅野雄吾・太田龍)も全員プロ入りしています。
そんな浜地の2020年を振り返ります。

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 与四球率 WHIP
1 1 0.00 0 0 0 0 0 0.00 0.00 1.00

1試合の登板に終わる

開幕は二軍スタートとなった浜地。
その二軍では24試合に登板し、防御率3.49。
主にリリーフとして起用されました。
一軍へは7月に昇格したものの、登板機会に恵まれずすぐに降格。
9月に再度登録されましたが、1度のみの登板で降格をしています。
その数日後に新型コロナ感染していたことが発表され、それ以降は一軍に戻ってくることはありませんでした。
前年は21試合に登板していたことを考えても、2020年は伸び悩んだシーズンになりました。

今年はウエスタンリーグの開幕戦に起用され、5回を無失点に抑えている浜地。
結果を残し続ければ、今年は一軍でも先発として見る機会がありそうです。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする