2020年シーズン記録帳 小幡竜平の成績 背番号38

若手内野手、小幡竜平。
守備センスが高く、将来の正遊撃手候補として期待されています。
そんな小幡のプロ2年目のシーズンを振り返ります。

成績

 

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS 得点圏 三振率
54 .220 0 7 3 .260 .256 .515 .310 27.6%

・三振率は三振数÷打席数で計算しています

10代で一軍出場

二軍で打率.277という数字を残し、8月21日にプロ初の一軍昇格をした小幡。
翌22日には、プロ初出場も果たしました。
この時点で、小幡はまだ19歳。
阪神の10代野手が一軍に出場したのは、2002年の中谷以来とのことです。
さらに同月の27日には1997年濱中治以来の10代初安打もマーク。
コロナ渦で他の選手が離脱した影響もあり、シーズン終了までに計54試合に出場しました。

まだ経験が浅いので守備面ではミスもありますが、範囲は広くまたその強肩で投手を助ける場面もありました。
打撃ではホームランこそありませんでしたが、チャンスに強く逆方向に強い打球を飛ばすことも。
同世代の選手への対抗心をむき出しにしたり、その立ち振る舞いからもメンタルが強い選手だと感じました。

今年は開幕一軍から漏れたものの、シーズンのどこかで昇格の場面は来るでしょう。
二軍で経験を積み、そして昇格の際には去年よりも攻守共に成長した姿を見せて欲しいと思います。
今後が非常に楽しみな選手です。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする