佐藤輝明に対する解説者の成績予想まとめ

今日の試合で、プロ初安打を見事に本塁打で飾った佐藤輝明。
「ホームランが一番のチームバッティング」と話す、規格外スラッガーのプロ野球人生がいよいよスタートしました。
そんな佐藤輝に対する、解説者の成績予想をまとめてみました。

解説者による成績予想

江川卓 「25本ということで」(「Going!Sports&News」より)

赤星憲広 「25本から30本」(「Going!Sports&News」より)

掛布雅之 「最低ラインですけど.280 20本」(「こやぶるSPORTS」より)

金村義明 「2割8分、20本、70打点は楽勝でしょう」(「こやぶるSPORTS」より)

高木豊 「やっぱ25本かな!」(YouTubeチャンネル「高木豊」より)

真弓明信 「20本超えないとダメでしょうね」(YouTubeチャンネル「日刊スポーツ」より)

デーブ大久保「2割8分 30本打つと思う」(YouTubeチャンネル「サンスポコム」より)

野村弘樹「僕は2割5分 20本」(YouTubeチャンネル「サンスポコム」より)

アレックス・ラミレス「間違いなく10本以上は打ってそのままレギュラーの常連だろうね」(YouTubeチャンネル「ラミちゃんねる」より)

宮本慎也 「.280 20本塁打ぐらい打ちそう」(「日刊スポーツ」より)

中西清起 「放っておいても20以上は打つ」(「日刊スポーツ」より)

伊原春樹 「常時出場すれば20本以上は打てる」(「週刊ベースボール」より)

通常は、ルーキーなら10本以上でも凄いこと。
5本でも年に何人いるのかというレベルですが、佐藤輝に関してはまるで新外国人に対するような予想が並びます。
阪神の新人最多本塁打は1969年に田淵幸一が記録した22本。
その次は、1980年に岡田影布が記録した18本です。
これらの数字にどこまで近づけるか、はたまた記録を更新してしまうのか…。
ファンの大きな楽しみになりそうです。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする