2020年シーズン記録帳 遠藤成の成績 背番号45

2019年ドラフト4位、遠藤成。
高校時代は「二刀流」で、投手としても活躍していました。
阪神では内野に専念しています。

成績

(二軍成績)

試合 打率 本塁打 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS 三振率
62 .157 1 7 3 .230 .214 .444 34.8%

・三振率は三振数÷打席数で計算しています

フェニックスリーグで躍動

同期の井上と同じく、二軍で積極的に起用された遠藤。
内野全般を守り、野手では板山・井上に次ぐ62試合に出場しました。
成績的には打率.157と、高卒ルーキーということを差し引いても苦労した感があります。
ただフェニックスリーグでは打率.273、チームトップの13打点をマーク。
四球を多く選び、出塁率.397を記録しました。
少しずつプロのレベルに対応しており、さらなる成長が期待されます。

今年も二軍での育成が基本線となりそうな遠藤。
小幡や髙寺もおり、二軍の内野陣はすっかり若返りました。
まずは昨年の数字を、全ての面で超えて欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする