2020年シーズン記録帳 小林慶祐の成績 背番号56

2020年8月、飯田優也とのトレードでオリックスから阪神に入団した小林慶祐。
187cmの上背から角度のあるストレートと決め球のフォークを操る中継ぎ投手です。
その移籍1年目のシーズンを振り返ります。

成績

登板 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 奪三振率 与四球率 WHIP
2 3 0.00 0 0 0 0 5 15.00 6.00 1.67

2試合の登板に終わる

移籍1年目の登板は、わずか2試合に終わった小林。
これは途中入団だったこともありますが、コロナ渦による離脱も関係しています。
3イニングながら5つの三振を奪うなど能力の片りんを見せましたが、まともに評価されるようなシーズンではありませんでした。
近年の阪神は、飯田優也・岡本洋介・高野圭佑とトレードで中継ぎ投手を獲得する傾向にあります。
ただ岡本は2018年に34試合に登板しましたが大成功とまでは言えず、飯田・高野は不調に終わっています。
まだ20代でもある小林には、ここから複数年に渡る活躍を期待しています。

今年は開幕一軍入りをし、ここまで14試合に登板している小林。
しばらくは無失点を続けていましたが、現在は防御率3.75となっています。
ここから再度調子を上げ、リリーフ陣の安定化に貢献して欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする