上本の怪我は軽症か

4日の試合で久々に勝利をした阪神タイガース。
しかし上本が帰塁の際に足をつったようで、担架で運ばれることとなりました。
もしかしたら5日の公示で抹消されるのではないかと危惧をしましたが・・・。

抹消は無し

5日の公示を見ると、阪神の入れ替えはありませんでした。
つまり上本は1軍に残っており、軽症だったと思われます。
まだCSへの望みは残っているだけに、まずはホッと一安心といった所でしょう。

上本への期待

上本のここまでのキャリアハイは、2014年の.276 7本 38打点。
あの時は来年(2015)は3割打つんじゃないかと思いましたが、結果は.253でした。
そして今年は、出番自体が激減をしてしまっています。
ポジションを掴めそうで掴み切れず、2017年もまたセカンドのポジション争いから始めることになるでしょう。
西岡は開幕には間に合いそうもないのでその競争相手は大和、板山、そしてもしかしたら鳥谷や新人も加わってくるのかもしれません。
上本ももう30歳になりますが、あの打撃センスを考えると2014年がキャリアハイになってしまうのは物足りません。
その成績を超えるには、いかに怪我を防ぐかも重要になります。

上本と言えば、今年のオープン戦か練習試合で相手投手から際どい球を投げられて激高していた覚えがあります。
上本がああいう風に怒りをあらわにするのは珍しく、それだけ今シーズンへの思いが強かったことがうかがえます。
それだけに、ここまでの成績は悔しい気持ちでいっぱいでしょう。
その気持ちを残り試合、そして来年にぶつけて欲しいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする