4回に集中打6点! 秋山初勝利! 開幕戦以来の貯金「1」

昨年は相性が良かった横浜スタジアム。
とは言え相手投手は、横浜の先発で一番の難敵と言える今永。
そう簡単に点は取れないだろうと思われましたが・・・。

4回に集中打!

先制しながらも逆転され、2点ビハインドで迎えた4回表。
阪神はこの回に、糸井の四球を皮切りに一挙6点の猛攻を見せました。

糸井 四球
福留 三振
原口 右安
鳥谷 一ゴ
北條 四球
梅野 左安(2点タイムリー)
秋山 右安
高山 四球(押し出し)
上本 中安(タイムリー)
糸井 左安(2点タイムリー)
福留 左飛

この中でも特に大きかったのが、梅野の打席。
2アウトだっただけに、非常に価値のあるタイムリーとなりました。
長打はなく、安打と四球で繋いで繋いでの6得点。
選球眼に優れた選手の多い、2017年型阪神打線を象徴する攻撃になりました。

秋山初勝利も少し物足りず

2回に3点を失い今日はアカンなーと思われた秋山でしたが、6点取った後の4回から6回までは素晴らしいピッチング。
原口のホームランもあり、中盤は完全に阪神ペースでした。
しかし100球を超えた7回に崩れ、前回と同じくこの回を投げきることが出来ませんでした。
ヒーローインタビューは秋山だったのですが、正直それに選ばれるには物足りなさが残ったのも事実。
1年を通しローテを守り飛躍のシーズンにするためにも、もう1ランク上の投球を目指して欲しいと思います。

最後は2点差にまで追い上げられ冷や冷やした試合でしたが、何とか逃げ切ってくれました。
そして明日の先発は藤浪。
不安を払拭してくれる投球を期待しています。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする